かつては遊休地の活用方法といえば集合住宅やビルを建てるというのが一般的でしたが、今は駐車場経営を選択される方が非常に増えてきています。
なおNTTル・パルクは、そんな遊休地の有効活用による安定した資産運用をお考えの皆さんをサポートするための各種サービスを、積極的に提供してくれる存在として大変厚い信頼を集めています。
ところで集合住宅やビル経営による資産運用と比べて、駐車場経営が勝っている点は大きく分けて2点存在します。
まず第一にメンテナンス費用が駐車場の方が遥かにかからない、という事です。
集合住宅やビルは年数が経過してくると様々な部分の傷みが目立ってきますから、オーナー側が支払うメンテナンス費用の額も馬鹿になりませんが、駐車場は建物と違い複雑な構造をしていない分、年数が経過しても左程メンテナンスの必要性は生じてきません。
そして第二にマンションやビルを建てるのと比べて駐車場は、遥かに安価で建設できるという点が挙げられます。
折角の多額な資金を投入しても、入居者が思ったように集められなければ目論みは完全に破綻してしまいますが、安い料金で利用できる駐車場は余程場所が悪くない限り安定した利用者数が計算しやすいので、資産運用法としての遥かに上手くいきやすい訳です。
NTTル・パルクでは予め、徹底したエリア調査と豊富な実績に基づく判断から、オーナー様の土地の駐車場経営への向き不向きをしっかり判断してくれるので、迷っておられる人は気軽に相談されてみると良いでしょう。