WMSとは、物流センターにおける業務効率化するためのシステムのことを言います。
こういった物流センターにおいてもクラウドを導入することは非常にメリットがあります。
物流センターでは、多くの物品が集積されてくれるため、個々の状態を把握するためには徹底した入出庫管理や在庫管理を欠かす事が出来ません。
そして、入荷、検品、ピッキング、梱包、出荷の各作業に必要な情報を、個々の荷物に対して一元的に管理する必要性があるのです。
それを荷物にバーコードのシールを貼り、ハンディーカムによって読み取りを行い、自動的にシステム上処理される仕組みを構築していたりします。
ハンディーカムで読み取った情報は、即時にネットワークに繋げられクラウドシステムに情報が挙げられる仕組みになり一元的に管理することが出来ます。
よって、場所を問わずにどんな荷物も取りこぼしなく状態を把握することが可能です。
また各作業工程や労務管理も併せて行うことが出来ることで、効率的な処理を実現できる訳です。