口に入る食べ物は歯によって噛み砕かれて、消化のし易い状態になり食道を通って胃へと運ばれて行きます。
そして好物だから等の理由で食べ過ぎてしまうと、胃に痛みを感じる人もいるかも知れません。
しかし、一度や二度であれば特に問題無いでしょうし、市販の胃腸薬等を飲んで暫くすれば治まるでしょう。
しかし胃炎になると、ドラッグストア等で販売されている胃腸薬を服薬しても良くならないという事があり、更には慢性化しやすいという特徴があります。
例えば、社会人で中間管理職等の立場にいる人の場合、部下からの要望と上司からの叱責等の板挟みでストレスが溜まりやすくなっているケースが見られます。
この場合、ストレスを趣味で解消する等の方法で解消出来れば、最適の対象方法と言えるでしょう。
しかし趣味が無い等の理由で、ストレスを上手く発散しないと悪化しやすくなる可能性があります。
また、ストレスの発散をアルコールや暴飲暴食等に振り向けてしまうと、身体に良い筈はありません。
これが、一つ目の胃炎になる患者のパターンです。
では二つ目はどうかというと、もともと持っている卵アレルギーであるのに関わらず、卵を口にしてしまうとか、インフルエンザ等が原因になるケースもあります。
その場合は水分は摂るのを忘れずに、1日だけ食事を断ってみるという方法があります。
そしてそれでも症状が回復しないのであれば、専門の医師に診て貰うと良いでしょう。