新型コロナウイルスの影響によって、多くの企業が働き方を急激に変えなければいけなくなりました。
特に緊急事態宣言によって、従来のようにオフィスにみんなで集まって仕事が出来なくなってしまったことにより、働き方を大きく変えなければいけなくなってしまいました。
そういった中から新しい働き方が誕生し、スタンダードになっていくこともありますが、いささか急激すぎたというのが私の感想です。

今回の新型コロナウイルスの騒動によって見直されたのが、無駄の排除です。
これまでは会社にいなければ仕事はできないと思われてきましたが、テレワークとテレビ会議があれば、それなりに仕事ができる事が立証されてしまいました。
その為、今回の新型コロナウイルス騒動が終わった後でもテレワークを本格導入を検討する企業も増えてきました。
また、たとえ会社に行っても残業などができない状況でしたので、効率的に仕事をするために、Robotic Process Automationサービスなどを積極的に導入する企業も登場しました。
特にコボットなどは、非常に優れたRobotic Process Automationサービスですので、使い勝手がよく導入する企業が増えた傾向があります。