未婚女性なら、一度は、婚約指輪をもらうことについて、
想像したことがあるのではないでしょうか。
突然、夜景を見ながら、指輪を渡される、なんてドラマみたいな展開で、
プロポーズされたら、どんなにうれしいか!妄想するのも楽しいものです。
しかし実際は、婚約指輪は、二人で選ぶことが多いのではないでしょうか?
女性側が身につけるものなので、女性の好みに合わせて、一緒に選び、
結納の時に、男性が身につける記念品と交換するケースが多く見られます。
また、以前は、月収の3カ月分などと言われたエンゲージリングの値段も、
最近はかなり幅があります。
エンゲージリングは、立て爪のダイヤのリングが一般的なので、
ダイヤの質や大きさによって値段が変わってきますが、
実際に身につけるとなると、ダイヤの大きさよりもデザインを重視したり、
ブランドにこだわらずに自分たちで石を探すなど、
カップルの価値観によって、様々です。
エンゲージリングとマリッジリングを一緒にして、
予算をかける方も、最近は増えています。
既婚の私の経験から言うと、結婚してしまうとエンゲージリングの出番は、
少ないものです。
結婚式に招待された時ぐらいでしょうか?
しかし結婚前は、それはそれはうれしくて、職場にも毎日して行っていましたし、
デートの時にも、寝る時も、肌身離さずつけていました。
このような気分を味わえるのは、本当にわずかな時間ですが、
人生で最高の時期のひとつだと思います。
ぜひ気に行ったエンゲージリングを選んで、たくさん身につけてほしいです。こちらをクリック