繁華街を少し歩くと、不要な商品券やチケットの類を買取ってくれる「金券ショップ」というのは何軒も大量に見つかるものです。
当然全てのお店が均一の料金で買取ってくれるのではなく、お店によっては商品券やチケットの額面に対する「換金率」に随分と差があるので、売る側とすれば当然少しでも高い換金率を提示してくれているお店を選ばなければなりません。
ちなみに東京と関西エリアにお店を展開している『甲南チケット』という金券ショップは換金率の高さは勿論ですが、買取サービスを提供している品目の豊富さにも定評があります。
具体的には「株主優待券」「切手、印紙、はがき」「テレカ(広告入りでも可)」「オレンジカード」「スルッと関西カード」「百貨店商品券」「信販系ギフト券」「その他各種ギフト券」「図書カード」「ビール券」「お米券」「使い残しの新幹線回数券(新品も可)」といった具合です。
特にテレカなどは、最近では需要も減っていて売りたくても売れる場所がないといった声をよく聞きますから、それを現金に換えてくれるというだけでも非常に貴重な存在です。
春は特に何かと物入りな季節ですから、皆さんもご自宅に眠っている不要な商品券やチケットを売却して、ぜひ嬉しい臨時収入に換えてみてはいかがでしょうか?