普段目にしている印刷物は、宣伝をするために貼り出すものであったり、人に感動を与えるためのものであったり、心に残すものであったり、知識を得るための喪であったりと様々です。
何の気なしに観ている物ですが、実は作る側にとっては汗と血の涙の結晶でもあります。
物を作り上げていくためにも大変な物ですが、それをより良い作品に仕上げていくのも印刷会社の役目でもあります。
良い作品を不手際で悪い作品にしてはいけない、より良い作品をもっとよく見せるために日々気を抜かないようにしている企業の1つに誠晃印刷があります。
誠晃印刷は誠意をもって、作品をより良い物へと仕上げるために日々企業努力をしています。
ホームページをご覧いただけば分かりますが、印刷物に対しての魂の入れ方が違います。
創業したのが1974年で41年の歳月を経ていますが、初診の心を忘れてはいません。
そして、時代の変化に伴い印刷する機会もH-UVを導入し、さらに新時代へと変化をもたらせています。
すべてはより良い作品に仕上げるため、それが誠晃印刷です。