日本の少子高齢化の流れは留まるところを知らないようです。
少子化の世の中だから、保育士のニーズはないのではないかと思われているかもしれません。
それに、子供相手なんて大変そう、仕事を探すのも大変だろうなと思われている方も多いようです。
ですが、そんなことはまったくありません。
むしろ、求人数がどんどん多くなっているほどなのです。
原因は待機児童問題です。
働きたくても子供を預かってくれるところがなくて働けないお母さんが多いことから、政府がやっと重い腰を上げて待機児童問題の解決に動き始めました。
そこで、保育サービスの拡充を目指すために、保育士の確保が急務となっているのです。
田舎ではそうでもないでしょうが、都会では人材不足が深刻になっています。
そのため、あの手この手で人員を確保しようと、魅力的な求人が次々と登場しています。
好きな時間に働けばいいというものがあったり、一定期間以上働けば海外での研修を受けることができたり、人員を確保するためになりふり構っていられないという感じです。
専門サイトの「保育ひろば」を見ても、その掲載件数の多さに驚かされます。
まさに引く手あまたの状態なのですから、自分が働きたいと思えるところを見つけられる好機なのではないでしょうか。